誤解をなくしましょう

- 誤解をなくしましょう

誤解をなくしましょう

株主優待券に対する誤解が少なくないようです。
航空会社自身が販売する正規割引チケットの早割などと同じく合法的に航空券を安く買える方法です。
仕組みをよく理解し、遠慮することなく旅行や出張に使いましょう。

他人への譲渡は合法です

航空会社に限りませんが、株主優待券は他人への譲渡、転売することが可能です。
だからこそ金券ショップで買取や販売が行われているのです。
違法性はまったくありませんので、心配せずに利用しましょう。

友人や知人へ無償で提供することもできますし、個人的に売買することも合法です。
ただし連続的、継続的、計画的に取引する場合には、古物商の許可が必要です。
自身のサイトで売り買いする際には怪しまれないよう注意しましょう。


当日便にも利用できます

旅行代理店が提供する格安航空券の場合には、出発の3日前までしか買えません。
また航空会社が直接販売するANAの特割、JALの特便割引、スターフライヤーのSTAR1、そしてスカイマークの前割などであっても前日までの予約が必要です。

一方優待券であれば、席が余っていることが前提ですが、当日便でも普通運賃の半額でチケットを入手できます。
もちろん優待券を金券として買う費用はかかりますが、近くにショップがあるならば、意外な裏技です。

路線に制約はありません

2016年から優待券を利用した予約に対する座席数に制限が行われるようです。
とはいえ格安航空券や早割とは異なり、建前上は、搭乗できる路線や時間帯、期間に制約がありません。
つまり優待券を持っていれば、原則として、どの路線の航空券も半額で購入できます。

JALが経営的に滞ったこともあるのでしょうが、昨今はANAの優待券が、株主優待全般のランキングを見ても人気が高まっています。
繁忙期など割引が適用されにくいフライトに対する経済的なメリットが大きいからでしょう。

誤解や偏見をなくしましょう

LCCの登場によって飛行機を利用しやすくなりました。
とはいえまだ値段は割高ですね。
しかし合法な株主優待券を使えば、空の旅がもっと身近になるでしょう。
そのためには誤解や偏見をなくしましょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2016 株主優待券の注意点とは?便利でお得な株主優待券情報サイト All Rights Reserved.